クリニックのご案内

理念

”For All Patient. For All Eye Doctor."

「手術が必要なすべての患者様に最良の医療を行うために

手術適応の患者様を抱えておられる眼科医の皆様のために」

 

当クリニックは網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、網膜前膜などの網膜疾患や点眼治療でコントロール不良の緑内障、難易度の高い白内障、眼内レンズの脱臼・偏位の整復などの手術を専門に行っています

専門性を上げるために、外来診察は他院からの紹介患者様を対象とした予約診療を主体とさせていただいております

​院長紹介

横山光伸

経歴:

1983年広島大学医学部入学

1989年(平成元年)広島大学医学部眼科学教室入局

1990年JA府中総合病院勤務

1992年済生会呉病院勤務

1993年広島大学付属病院眼科勤務

1994年出田眼科病院(熊本)に網膜剥離の勉強のため国内留学

   1995年より同病院眼科部長

1998年広島大学付属病院眼科助手

1998年中国労災病院眼科医長

2000年木村眼科内科病院眼科医長

    三好眼科非常勤医師、中武眼科非常勤医師を兼任

2018年Retina clinic横山眼科開業

 

海外眼科医療ボランティア:

1994年バヌアツ共和国に2週間滞在マレクラ島ノルスープ病院で眼科診察・白内障手術、村を訪れて眼科検診を行う

2003~2012年ミクロネシア連邦チューク州立病院に伊藤剛二内科医師(広島市)と赴き、1週間の滞在期間に住民健診(成人病健診)150名・眼科検診150名・白内障手術5例を行う

2013~2017年山崎俊眼科医(愛知県)を中心としたタンザニア眼科支援チームに参加。タンザニア連合共和国ムヒンビリ大学病院にて講演、自ら白内障手術を10~27件行うとともに現地眼科医に白内障手術の手術指導を行う。2017年は近郊住民の眼科検診も行なった

​過去10年間の手術実績

白内障手術

​(縫着・強膜内固定)

​網膜剥離

その他の硝子体手術

緑内障手術

その他

眼内レンズ整復

​2007年   87     560       127    611      52     159

​2008年   90     585       169     616      58      53

​2009年   114     690       165    698      54      97

​2010年   130    689       160    608      72      70

​2011年   128    645       178    656      43      81

​2012年    87    733       133    669      93      62

​2013年   106    665       229    790      68     126

​2014年   124    784       264    813      73     103

​2015年   108    726       231    706      105      62

​2016年   100    649       195    697       95      68