網膜剥離とは?

網膜はカメラのフィルムのようなもので外から入ってきた光・画像を映す大事な部分です(網膜で物を見ています) 。網膜剥離には大きく分けて裂孔原性網膜剥離と滲出性網膜剥離があります。
裂孔原性網膜剥離とは、網膜に弱くて薄くなった部分がある場合、目の中身である硝子体というゼリーのようなものが加齢で縮んだ時に弱い部分を引っ張って網膜が破れ、いっしょに網膜が剥がれていくものです。軽いものはレーザー治療が可能ですが、高度のものは手術が必要です。手術は目の外側から行うバックリング手術と、内側から行う硝子体手術があります手術で網膜が復位しても剥がれた網膜や破れた網膜の後遺症として視力低下、ゆがみ、視野障害が残ります
また、複数回の手術が必要な場合もあり、必ずしも100%が復位する病気ではありません
外傷(ボクシングによる打撲や交通事故)、アトピー性皮膚炎に合併するものなど特殊なものもあります。
滲出性網膜剥離とは網膜に穴がなく、網膜の血管や網膜の下の組織から液体がにじみ出てたまっていくことによっておこるものです。原因疾患の治療が主になりますが、手術を必要とする場合もあります。
網膜裂孔
剥がれた網膜