網膜細動脈瘤とは?

網膜の動脈硬化から生じるもので大きくなると血管内容物が漏れ出て視力障害を生じたり、動脈瘤が破裂した場合、硝子体出血や網膜下出血を生じ強い視力低下をきたします。
早期に見つかればレーザー治療ができますが破裂した場合、硝子体手術で血の塊を取り除く必要があります。黄斑下に出血した場合や黄斑円孔を合併した場合は視力予後は不良です。
軽度の場合はレーザー治療が適応
広範囲の網膜下出血を伴っており、硝子体手術による血腫除去が必要