網膜剥離手術(バックリング)

網膜に薄くて弱い場所がある目に加齢性変化で硝子体が縮んできた場合、網膜に孔が開き網膜剥離を発症することがあります
この硝子体の縮みを、目の外にシリコーンを植え付けてやることにより緩和し網膜を元の位置に戻す手術がバックリング手術です
眼内をほとんど触らないため、水晶体を温存できます
若年者の網膜剥離や裂孔の少ない網膜剥離に多く採用する術式です
初回復位率は95%ですが硝子体の牽引が強く網膜が復位しない場合は、追加で硝子体手術が必要になることもあります
目の外にシリコーンを置くので術後まれに複視(物がダブって見える)が残ることがあります
硝子体の牽引
硝子体の牽引
硝子体の牽引を緩和
網膜剥離手術(バックリング)説明用紙