当院の手術実績

2018(平成30)年
白内障手術(併用手術を含む)341例
眼内レンズ2次移植       74例
緑内障手術           73例
網膜剥離            75例
硝子体手術         260例
その他             37例
期待開業して1年が経ちました。多くの患者様を紹介していただきありがとうございました。皆様のご期待に応えられるようますます精進していく次第です。
2019(平成31)年1月~3月
白内障手術(併用手術を含む)146例
眼内レンズ2次移植         22例
緑内障手術           41例
網膜剥離            20例
硝子体手術           75例
その他               16例
緑内障は冬に眼圧が上がる方が多くみられ手術も増えてきます。
超低侵襲緑内障流出路再建術(Gonio Scrub:横山法)は開始して1年が経ちなかなかの良い成績を上げています。
状態の悪い方には緑内障濾過手術であるSuture Canalization横山法を行います。術後管理が容易で外来手術でも安心して行える術式です。
2019(平成31・令和元)年4月~6月
白内障手術(併用手術を含む)165例
眼内レンズ2次移植         28例
緑内障手術           27例
網膜剥離            34例
硝子体手術         100例
その他               11例
数度の手術でも閉鎖しない難治性の黄斑円孔に対する自己網膜移植手術を広島で初めて行いました。術後経過は良好です。
網膜剥離硝子体手術はほとんどを25Gという細い器具で行っています。手術終了時の縫合法を工夫して術後の合併症がないように心がけています。
2019(令和元)年7月~9月
白内障手術(併用手術を含む)185例
眼内レンズ2次移植         23例
緑内障手術           26例
網膜剥離            41例
硝子体手術         107例
その他               10例
自分の専門分野である網膜剥離手術件数が増えてきています。
外来での通院手術で可能な限り治すことを考えるとともに患者様の生活にできるだけ負担がかからないように、いろいろ術式等を工夫して対応しています。まだまだ、究極とは言えませんが日々の努力が結果を生むと思っています。