増殖糖尿病網膜症とは?

糖尿病により網膜の微小血管が閉塞してゆく病気です。
初期治療は閉塞部へのレーザー治療や黄斑部の浮腫に対しては抗VEGF薬注射やステロイド治療、内服を行います
次第に太い血管も閉塞してゆき、黄斑浮腫が薬物治療抵抗性の場合や網膜・硝子体内に新生血管を生じ硝子体出血・網膜剥離を合併した場合は硝子体手術が必要になります
血管新生緑内障の発症にも注意が必要です。
治療せず放置すれば失明に至ることも多い病気です。治療しても進行の具合によって多くの視機能障害後遺症が残ります。
基本的に糖尿病のコントロールが病気の進行を抑えるのに大事です。
硝子体出血を生じた増殖糖尿病網膜症
硝子体手術が必要